商品情報とショップ情報

当サイトでは、高度管理医療機器販売の許可を受けているコンタクトレンズ通販ショップが販売している国内正規品のコンタクトに限り、商品情報と価格をご案内しています。またコンタクトレンズ通販ショップや海外で営業している個人輸入代行業者のショップ情報もご案内しています。尚、海外より輸入されるコンタクトレンズは未承認医療機器に該当するため、薬事法第68条を遵守し、商品の広告となる情報(メーカー名、商品名、価格など)は掲載しておりません。

尚、弊社では「商品の販売、購入の代行、注文取次ぎ業務」などは一切行っておりません。送料や納期、商品や購入に関するご質問などは、リンク先の各ショップへ直接お問合せください。


コンタクトを通販で販売してもいいの?

国内でコンタクトレンズを販売(通信販売も含む)するためには、高度管理医療機器販売の許可が必要になります。各都道府県知事へ届出を行い、販売業の許可を得ている者に限り、国内正規品のコンタクトレンズを販売することが認めれます。

平成21年11月4日の薬事法改正前までは、視力補正を目的としていない「度数」の入っていないコンタクトレンズ(ファッションレンズ、度無しカラコン、SFX・特殊効果レンズなど)は「雑貨」扱いとなっておりました。そのため、これらのコンタクトレンズだけを専門に販売する場合には高度管理医療機器販売の許可が必要ありませんでした。

しかし、現在では度数の入っていないコンタクトレンズも高度管理医療機器の扱いとなり、薬事法の規制対象となっています。度数のあり・なしに関わらず、高度管理医療機器販売の許可を得ていないお店や通販ショップなどが日本国内でコンタクトレンズを販売することは違法です。許可をもたない個人がオークションサイトなどに出品(売却・販売)することもできません。

コンタクトレンズの個人輸入代行業者(海外のコンタクトレンズショップ)の多くは、海外に営業所を構え、お客様の代わりに海外製のコンタクトレンズを個人輸入する営業形式となっています。そのため、日本の都道府県庁へ届出を行う必要はありません。尚、個人使用の範囲内でコンタクトレンズを個人輸入することは適法と認められています。


国内通販ショップの特徴は?

国内のコンタクトレンズショップでは、医療機器承認番号を取得している国内正規品のコンタクトレンズを販売しています。使い捨てコンタクトレンズ、カラーコンタクトレンズ、ソフトコンタクトレンズやハードコンタクトレンズなど、取り扱っているコンタクトレンズの種類も多く、有名コンタクトレンズメーカーの正規品が通販を利用して安く購入することができます。(関連:通販ショップ)

国内の通販ショップから購入するメリットは、注文した商品は日本国内からの発送となるため納品が比較的早いという点があります。販売店が国内にあり、実店舗としても営業しているショップもあるため、安心感や信頼感につながります。デメリットとしては、一部メーカーのコンタクトレンズを購入する際に、眼科医が発行する処方箋をFAXやE-mail、郵送などで提出しないと購入できない場合があります。(処方箋の提出は一部メーカーや販売店が自主規制で行っているものであり、法律で義務付けられたものではありません。)


海外通販ショップ(個人輸入代行)の特徴は?

海外のコンタクトレンズショップ(個人輸入代行業者)では、日本国内でも流通している有名メーカーのコンタクトレンズや日本では未発売のコンタクトレンズなどを個人輸入することが可能です。日本国内にサポート会社や問合せ先を用意している場合も多く、注文の方法や支払い方法なども、国内の通販ショップから購入する場合とあまり変わりはありません。(関連:個人輸入代行業者)

個人輸入のメリットとして、販売価格が日本よりも比較的安いということ、消費税および処方箋の提出が不要という点などがあります。デメリットとしては、商品が届くまでに時間がかかったり、薬事法により一度に輸入できる数量に制限があり、まとめて購入することができないという点などがあります。

個人輸入を利用して一度に輸入できる数量の目安は、使い捨てコンタクトレンズの場合、両眼で2ヶ月分までとなっています。(1日使い捨てレンズは4箱まで。2週間使い捨てレンズは2箱まで。)これ以上の数量をまとめて個人輸入した場合は購入者が薬事法違反となってしまうため注意が必要です。また輸入したコンタクトレンズが日本に到着し、通関検査時に消費税相当の手数料を課税される場合も稀にあり、この場合は輸入者が負担しなければなりません。


海外の商品は国内のものと同じですか?

コンタクトレンズのメーカー名や商品名が国内で販売されている商品と同じ場合でも、これらが日本市場向けに生産されたコンタクトレンズであるとは限りません。コンタクトレンズメーカーが明言しない限りはご自身で情報収集を行い判断してください。

尚、海外から輸入されたコンタクトレンズは未承認医療機器として扱われ、商品を使用したことによって派生する医療問題についてはご自分のリスクとなります。


レンズデータがわかりません。処方箋がありません。

コンタクトレンズを購入する場合には、ご自分のレンズのBC(ベースカーブ) PWR(−、+度数) DIA(レンズ直径)などのレンズデータが必要になります。初めてコンタクトレンズを購入される場合は、お近くの眼科医院で診療を受けてご自分のレンズデータを確認してください。眼科によっては処方箋だけを発行するということを行っていない場合もあります。ご希望のレンズの処方箋を発行してもらえるか診察を受ける前に眼科にてご確認ください。

処方箋には特定の様式がないため、診察を受けた眼科医院独自の様式でかまいませんが「処方レンズ名、レンズデータ、眼科医院名、住所、電話番号、処方医師名(医師印)、処方年月日、処方箋の有効期限」などの記載が必要になります。詳しくは購入されるショップサイトでご確認ください。


一番おすすめの通販ショップは?

当サイトでは、販売価格、ショップの信頼度、商品ラインナップ、利便性、販売実績など、弊社が独自で判断をし、おすすめできるコンタクトレンズの通販ショップを掲載しております。価格の違いは数字で現れますが、安心感や信頼感などは個人によって受け止め方が違うと思います。各ショップのホームページを訪問し、一番納得できるお店で購入されることをおすすめします。

尚、購入時には商品代金の他にも送料や各種手数料(代引き手数料、振込手数料など)が必要となる場合があります。ショップごとに期間限定のお得なキャンペーンなどを行っている場合も多く、必ずしも「商品価格が一番安いショップが最安値のショップになる」とは限りません。価格重視でお買物をされる方は各ショップの最新情報も含めてご考慮ください。